6/25 スーパーバンタム級2冠王者アフマダリエフvsリオス

海外ボクシング

 

6/25 スーパーバンタム級2冠王者アフマダリエフvsリオス

 

 

WBA・IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

 

ムロジョン・アフマダリエフ(王者)vs ロニー・リオス(挑戦者)

日程:6月25日(土)※現地時間

会場:アメリカ・テキサス州サンアントニオ

 

両選手のプロフィール

 

ムロジョン・アフマダリエフ(王者)

 

【アマチュア時代】

  • 2015年、世界ボクシング選手権にバンタム級で出場。銀メダルを獲得。決勝戦ではマイケル・コンランに敗戦。
  • 2016年、リオ五輪にバンタム級で出場。銅メダルを獲得しました。

 

【プロ転向後】

プロデビューは2018年3月。1ラウンド・TKO勝利白星デビュー

2018年8月23日、プロ4戦目。WBAインターコンチネンタル・スーパーバンタム級王座決定戦でラモン・コントレラスと対戦。1ラウンド・KO勝利王座獲得に成功しました。

2019年4月、マッチルームボクシングUSAとプロモーション契約を締結。

 

 

2020年1月30日、WBA・IBF世界スーパーバンタム級王者ダニエル・ローマンに挑戦し、2-1の判定勝利

プロ8戦目で世界2団体王座の獲得に成功しました。

 

2021年4月3日、母国ウズベキスタンで岩佐亮佑(IBF暫定王者)を相手に防衛戦を行い、5ラウンド・TKO勝利初防衛に成功しました。

 

2021年9月18日にロニー・リオスと対戦予定でしたが、自身が新型コロナウィルスに感染したため11月19日に延期されました

しかし、11月12日、今度はリオスが新型コロナウィルスに感染。試合1週間前になって急遽、対戦相手が1階級下のホセ・ベラスケスに変更されました。

 

試合はアフマダリエフ判定勝利を収め、WBA・IBFともに2度目の防衛に成功しました。

 

ロニー・リオス(挑戦者)

 

プロデビューは2008年10月。1ラウンド・TKO勝利白星デビュー

2015年11月21日、WBCシルバー・フェザー級王座決定戦でジェイソン・ベレズと対戦。3-0の判定勝利王座獲得に成功しました。

 

2017年8月26日、WBC世界スーパーバンタム級王者レイ・バルガスに挑戦。しかし、0-3の判定負け世界王座獲得に失敗しました。

 

2019年7月13日、WBC北米スーパーバンタム級タイトルマッチ&WBAスーパーバンタム級ゴールド王座決定戦で無敗の新鋭ディエゴ・デ・ラ・ホーヤ(WBC北米王者)と対戦。

6ラウンド・KO勝利WBC北米&WBAゴールド王座の獲得に成功しました。

 

 

両選手の直近の試合

 

ムロジョン・アフマダリエフ(王者)の直近の試合

 

2021年11月19日、ホセ・ベラスケスとの防衛戦。3-0の判定勝利でWBA・IBFの2度目の防衛に成功しました。

 

 

ロニー・リオス(挑戦者)の直近の試合

 

2021年2月13日、オスカー・ネグレテと対戦。3-0の判定勝利

 

 

まとめ

 

放送日時

 

6月26日()9:00~DAZNで配信予定。

 

また、この日はこの試合の他に世界タイトルマッチが2試合行われます。

 

【WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ】

 

【WBC世界フライ級タイトルマッチ】

 

 

締めの一言

 

けんくん
けんくん

12ラウンド・TKOでアフマダリエフが勝ちました。2冠王座の防衛に成功しています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました