5/21 べナビデスvsレミュー スーパーミドル級暫定王座戦

海外ボクシング

5/21 べナビデスvsレミュー スーパーミドル級暫定王座戦

 

WBC世界スーパーミドル級暫定王座決定戦

 

デビッド・べナビデス(元WBC世界スーパーミドル級王者)vs デビッド・レミュー(元IBF世界ミドル級王者)

日程:5月21日(土)※現地時間

会場:アメリカ・アリゾナ州グレンデール

 

両選手のプロフィール

 

デビッド・べナビデス(元WBC世界スーパーミドル級王者)

 

プロデビューは2013年8月。デビュー戦は初回KO勝利。(当時16歳)

 

2017年9月8日、WBC世界スーパーミドル級王座決定戦でロナルド・ガブリル(WBC6位)と対戦し、2-1の判定勝利スーパーミドル級史上最年少となる20歳での世界王座獲得に成功。

 

2018年9月、WBCが推進するボクシング・クリーン・プログラムでVADAによって行われた抜き打ちのドーピング検査ベナビデスの尿サンプルからベンゾイルエクゴニン(コカインの主要代謝物質)陽性反応が出たことが公表されました。このため、べナビデスは休養王者に据え置かれることになりました。

2019年9月28日、WBC世界スーパーミドル級王者アンソニー・ディレルと対戦。9ラウンドにディレル陣営が棄権。TKO勝ちで世界王座返り咲きに成功しました。

 

2020年8月15日、ロアメル・アレクシス・アングロ(WBC15位)と初防衛を行う予定でしたが、ベナビデスが前日計量で約1.3kgの体重超過。また、再計量を拒否した為、ベナビデスは王座を剥奪されました。試合は、ベナビデスが10ラウンド・TKO勝利。王座は空位となりました。

 

(後に、この空位となった王座にはカネロが就いています)

2021年3月14日、WBC世界スーパーミドル級挑戦者決定戦でロナルド・エリス(WBC級8位)と対戦。11ラウンド・TKO勝利。王者のサウル・”カネロ”・アルバレスへの挑戦権を獲得しました。

 

デビッド・レミュー(元IBF世界ミドル級王者)

 

プロデビューは2007年4月。デビューは2ラウンド・TKO勝利

2010年6月、WBCインターナショナル・ミドル級王座決定戦でエルヴィン・アヤラと対戦。1ラウンド・KO勝利で王座獲得に成功

2011年4月、ミドル級ノンタイトル12回戦でマルコ・アントニオ・ルビオ(元WBC世界ミドル級暫定王者)と対戦。7ラウンド・TKOで敗戦。キャリア初黒星を喫しました。

2011年12月10日、自身が保持するWBCインターナショナル・ミドル級王座の3度目の防衛戦でジョアシャン・アルシーヌと対戦。0-2の判定負けで3度目の防衛に失敗王座陥落

 

2015年6月20日、IBF世界ミドル級王座決定戦アッサン・エンダム(IBF1位)と対戦。3-0の判定勝利王座獲得に成功しました。

 

(敗れたエンダムはのちに村田諒太と2度拳を交えています)

 

2015年10月17日、ゲンナジー・ゴロフキン(WBAスーパー・WBC暫定・IBO王者)との王座統一戦。8ラウンド・TKO負けを喫し、IBF王座から陥落。また、WBAスーパー王座、WBC暫定王座、IBO王座獲得に失敗しました

 

2016年3月12日、ジェームス・デラ・ロサと163ポンド契約で再起戦を行う予定だったが、レミューが2.6ポンドの体重超過主催者側はデラロサの報酬をアップして試合を行おうとしたが、デラロサ陣営がこれを拒否したため試合は中止になりました。

 

2017年12月16日、WBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダースに挑戦。しかし、0-3の判定負け。世界王座返り咲きとはなりませんでした。

 

 

両選手のコメント

 

デビッド・べナビデスのコメント

 

私がこの階級でベストであることを皆に知ってもらいたいです。

レミューは長い間見てきた選手です。彼のスタイルも好きです。

故郷であるアリゾナでタイトルを獲る準備はできています。

私にはレミューの欠点が見えていますし、彼にも私の欠点が見えていると思います。彼は私を止めたいだろうし、私も彼を止めたいです。

ファンにとって最高のファイトになるでしょう。

(デビッド・べナビデス)

 

 

デビッド・レミューのコメント

 

プロになってからずっと、WBCのベルトに目を向けてきました。

今回のべナビデスとの試合はそのベルトを掴む大きなチャンスです。

この試合は私にとって非常に重要な試合です。

5月21日にはベルトへの強い思いを示すつもりです。

私は勝つためにリングに上がります。

(デビッド・レミュー)

 

両選手の直近の試合

 

デビッド・べナビデスの直近の試合

 

2021年11月13日、カイロン・デービスと対戦。7ラウンド・TKO勝利

 

デビッド・レミューの直近の試合

 

2021年6月4日、デビッド・ゼガラと対戦。2ラウンド・TKOで勝利。

 

まとめ

 

放送日時

 

6月13日(月)21:00からWOWOWで録画放送。

 

けんくん
けんくん

日本に住んでいる我々が試合を見れるのは3週間後ですか。

 

締めの一言

 

けんくん
けんくん

3ラウンド・TKOでべナビデスが勝ちました。カネロとの対戦は実現しますかね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました