【WBAライトヘビー級タイトルマッチ】5/7・カネロvsビボル

海外ボクシング

【WBAライトヘビー級タイトルマッチ】5/7・カネロvsビボル

カネロの次戦はビボル

 

PFPキングのサウル”カネロ”アルバレス(メキシコ)とエディ・ハーン率いるマッチルームボクシング&DAZNが新たに2試合の契約を締結しました。

 

最初の試合は、

 

5月7日にラスベガスで開催されるWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ。対戦相手はドミトリー・ビボル(王者)

 

ビボルとの試合はカネロにとってライトヘビー級での2戦目となります。

 

この試合はDAZNがPPV放映

 

この試合は、世界(ラテンアメリカとメキシコ以外)のDAZN加入者に配信される予定です。

 

 

 

アメリカとカナダでは、新たに導入されたDAZN Pay-Per-View (PPV)で独占配信。価格は現在の加入者は59.99ドル、新規加入者は79.99ドル(DAZNの1ヶ月分の視聴料を含む)です。

 

両選手のコメント

 

サウル・”カネロ”・アルバレスのコメント

 

ビボル、あなたと戦う機会を与えてくれて本当にありがとう。

エディ・ハーンと一緒にDAZNで仕事ができることを嬉しく思います。

リング上ではベストを尽くし、ファンのために良い試合をします。

この試合は挑戦です。私は挑戦が好きです。挑戦は私の生きがいです。

そして今、私の目の前に素晴らしいファイターがいるので、興奮しています。ビボルはタフなファイターだし、この試合は本当にハードなものになるでしょう。

だから、しっかり準備します。完璧な試合にするつもりです。

(サウル・”カネロ”・アルバレス)

 

ビボルのコメント

 

この試合をする機会を与えてくれた私のチーム、プロモーターのワールド・オブ・ボクシング、そしてDAZN、エディ・ハーン、カネロにありがとうと言いたいです。

私は自分のスキル、そして勝利を信じています。

5月7日を楽しみにしています。我々のチームはこの試合を望んでいましたし、この試合がボクシングの聖地で行われることを嬉しく思います。

また、この試合はとてもエキサイティングで、私にとってはとても意味のあるものです。この試合に勝てば、他の目標を達成し、さらに上を目指すことができるビッグファイトです。

(ドミトリー・ビボル)

 

(カネロのボクシングについて)

彼はいいパワーを持っていますが、私にもパワーがあります。彼にはスキルがありますが、私にもスキルがあります。

私は自分がカネロを倒せると信じています。

 

元プロボクサーの予想

 

この試合について、元日本スーパーライト級王者の細川バレンタインさんはこのように語っています。

 

 

 

「CaneloGolovkin3」

 

カネロがビボルとの試合に勝利すれば、9月17日にゲンナディ・ゴロフキンを相手に自身が保持するスーパーミドル級王座の防衛戦を行うことになるとのこと。

 

ちなみに、「CaneloGolovkin3」についてゴロフキンは、

 

この試合が実現すれば素晴らしいことです。しかし、私はカネロとの試合について議論するのは時期尚早だと感じています。その質問は日本での試合が終わってからにしましょう。(ゲンナディ・ゴロフキン)

 

と語るに留めています。

 

けんくん
けんくん

ゴロフキンは村田諒太との統一戦にTKOで勝利。

カネロとビボルの試合はどのような結果が待っているでしょうか。

 

 

カネロが先の試合を既に内定させていることについて、ビボル「気にしていない」とのこと。

 

私には目の前に(カネロと戦えるという)チャンスがあります。だから気になりません。私は良い準備をして、カネロと戦いたいです。

 

カネロとゴロフキンの3戦目について、

 

Matchroom社のエディ・ハーン氏は、

 

5月7日にメキシコのスターがビボルを倒すまでは議論も始めたくないです。

ビボルがキャリアの中で負けそうになったことがありますか?ないですよね。

だから、ビボル戦が終わるまではカネロ対GGGの話はしたくありません。

 

まとめ

 

けんくん
けんくん

試合は3-0の判定でビボルの勝利。カネロは2013年のメイウェザー戦以来、約9年ぶりの黒星となりました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました