チャーロ対カスターニョ2。スーパーウェルター級4団体王座統一戦

海外ボクシング

チャーロ対カスターニョ2。スーパーウェルター級4団体王座統一戦

 

【WBA・WBC・IBF・WBO世界スーパーウェルター級全4団体王座統一戦】

ジャーメル・チャーロ(WBA・WBC・IBF王者)vs ブライアン・カスターニョ(WBO王者)

5月14日(土)アメリカ・ロサンゼルス

※日程は現地時間

 

この試合の見どころ

 

この試合はダイレクトリマッチ。前回は不可解なドロー

 

1戦目が行われたのは2021年7月17日

この試合は、1-1の引分(117-111・チャーロ, 113-114・カスターニョ, 114-114)

しかし、大方のメディアや関係者はカスターニョを支持していました。

2者が僅差・ドローの採点をしたのに対し、大差でチャーロを指示したジャッジに対しては多くの疑問の声が上がっていました。

 

2ヶ月の延期を経てのリマッチ

このリマッチは3月19日に一度セットされていました。

しかし、カスターニョ(WBO王者)がトレーニングキャンプ中に右上腕を痛めたため、延期になっていました。

 

両選手のプロフィール

 

ジャーメル・チャーロ(WBA・WBC・IBF王者)

双子の兄は世界2階級制覇王者のジャーモール・チャーロ(現・WBC世界ミドル級王者)

 

プロデビューは2007年12月。スーパーウェルター級4回戦で判定勝利。白星デビューを飾りました。

2013年1月にはWBCアメリカ大陸スーパーウェルター級王座、6月にはUSBA全米スーパーウェルター級王座の獲得に成功。

 

2016年5月21日、WBC世界スーパーウェルター級王座決定戦でジョン・ジャクソンと対戦。8ラウンド・KO勝利で王座獲得に成功IBF王者のジャーモールと共に同階級での双子同時世界王者という史上初の快挙を達成しました。

 

2018年12月22日、トニー・ハリソンとの防衛戦。この試合でプロ初黒星となる0-3の判定負けで王座陥落。しかし、採点内容が物議を醸しWBCが即時再戦を指令。

2019年12月21日、WBC世界スーパーウェルター級王者・トニー・ハリソンと1年ぶりの再戦。11ラウンド・TKO勝利で世界王座に返り咲きました

 

2020年9月26日、WBA・IBF世界スーパーウェルター級王者・ジェイソン・ロサリオとの3団体統一戦。チャーロのボディへのジャブでロサリオが倒れ悶絶するという珍しいKOで 8ラウンド・KO勝ちを収め3団体王座統一に成功しました。

 

2021年7月17日、WBO世界スーパーウェルター級王者・ブライアン・カスターニョとの4団体統一戦。結果は12回判定1-1の引き分けでスーパーウェルター級初の4団体統一お預け。しかし、この試合は”カスターノが勝っていた”との声が圧倒的多数を占めていました。

 

ブライアン・カスターニョ(WBO王者)

 

プロデビューは2012年9月。4ラウンド・TKO勝利でデビュー戦を白星で飾りました。

2016年11月26日、WBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦でエマヌエル・デ・ヘススと対戦。6ラウンド・KO勝利で暫定ながら王座獲得に成功しました。

2017年10月、WBA正規王者・デメトリアス・アンドラーデの王座返上に伴い、正規王者に昇格。

 

2019年6月、ミッシェル・ソロとの指名試合を命じられていましたが、興行権を有していたソロ陣営のプロモーターがファイトマネーの前払金を振り込まず、カスターニョ陣営がVADAによるドーピング検査を要請していたにも関わらずソロ陣営が拒否した為、カスターノはWBA王座を返上しました。

 

2021年2月13日、WBO世界スーパーウェルター級王者・パトリック・テシェイラに挑戦。判定勝利で王座獲得に成功しました。

2021年7月17日、WBA・WBC・IBFスーパーウェルター級王者・ジャーメル・チャーロとの4団体統一戦。結果は12回判定1-1の引き分けでスーパーウェルター級初の4団体統一お預け。しかし、この試合は”カスターニョが勝っていた”との声が圧倒的多数を占めていました。

 

両選手のコメント

 

ジャーメル・チャーロ(WBA・WBC・IBF王者)のコメント

 

私は3団体統一王者であり、終わらせるべき仕事があります。

5月14日は世界中のファンの前で、歴史を作ります。

私を知っている人なら、私がいかにこのチャンスを重要視しているか知っているでしょう。

5月14日は必ずチャンネルを合わせて試合を見てください。

 

 

ブライアン・カスターニョ(WBO王者)のコメント

 

4団体統一をかけて再びチャーロと対戦できることに感激しています。

前回の対戦は素晴らしい戦いでした。

再戦も同じような試合になると思いますが、今回は勝敗をジャッジの手に委ねるつもりはありません。

今は私の時代です。試合でそれを証明します。

 

両選手の直近の試合

 

直近の試合は両選手とも2021年7月17日。

WBA・WBC・IBF・WBO世界スーパーウェルター級4団体王座統一戦で両者が対戦。1-1の判定引き分け。

今回がダイレクトリマッチです。

 

まとめ

 

放送日時

5月15日(日)午前11:00頃~

WOWOWオンデマンドでライブ配信。

 

 

締めの一言

 

けんくん
けんくん

<結果>10ラウンド・KOでジャーメル・チャーロの勝利。全団体のベルトを獲得し”比類なき王者”に輝きました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました