【WBC世界スーパーフライ級】ロマゴンVSマルティネス

海外ボクシング
Boxers ready to fight.

2022年3月5日にサンディエゴで開催されたWBC世界スーパーフライ級ダイヤモンド王座決定戦。

<ローマン・ゴンサレス vs フリオ・セザール・マルティネス>

前日計量はローマン・ゴンサレスは114.5ポンドでクリア。しかし、マルティネスは1回目の計量で117ポンド。2回目の計量は116.4で計量オーバー。(※スーパーフライ級のリミットは115ポンド)

マルティネスは試合当日の朝に行われる当日計量で、126.5ポンドを超過すると罰金が課せられ、132.25ポンドを超過した場合は試合が即刻キャンセルされることになっています。
※マルティネスの当日計量は122.8ポンド。試合は何とか開催されました。
<試合結果>3-0の判定でローマン・ゴンサレスの勝利。「圧勝」といっていい試合内容でした。
ゴンサレスは試合を振り返り、
彼があれだけのダメージを受けたことにとても驚いた。
また、自身のキャリアについて、
正直なところ、私を本当に打ち負かしたのはシーサケット・ソールンビサイだけだ。それ以外の試合は全て私が勝ったと思っている。
一方、敗れたマルティネスの今後のキャリアプランは不透明。フライ級に戻るのかどうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました