モンスターが圧倒。完敗認めた挑戦者。

井上尚弥

【WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ】

12月14日・東京・両国国技館。

王者・井上尚弥に挑戦したのはIBF5位アラン・ディパエン(タイ)。

試合は一方的な展開となり、8R・TKOで井上選手の勝利。WBAは6度目、IBFは4度目の防衛に成功しました。

 

井上選手はスピードがあり、テクニックがあった。もっと前に行きたかったが、前に行ったらやばかった。ディフェンシブになった。僕のアイドル。世界のバンタム級のベルトは全部取ってほしい。応援します。(挑戦者・アラン・ディパエン)

 

前日13日の会見では攻撃的にいくと宣言していたディパエン選手ですが、完敗を認め、最後はモンスターを絶賛しました。

 

けんくん
けんくん

次は統一戦の実現を期待したいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました