5/15 丸田陽七太の次戦は阿部麗也との2冠戦に

国内ボクシング

5/15 丸田陽七太の次戦は阿部麗也との2冠戦に

 

日本フェザー級タイトルマッチ&WBOアジアパシフィック・フェザー級王座決定戦

 

丸田陽七太(日本王者&WBOAP1位・森岡)vs 阿部麗也(日本1位&WBOAP3位・KG大和)

日時:5月15日(日)

会場:墨田区総合体育館

 

<チケット情報はこちら↓↓>

 

両選手のプロフィール

 

丸田陽七太(日本王者&WBO・AP1位)

 

高校時代はインターハイで2年連続の準優勝。

プロデビューは2015年11月。ジェイソン・カノイ(IBF世界バンタム級10位)と59.3kg契約6回戦で対決。3-0の判定勝利でデビュー戦を白星で飾りました。

2016年7月31日、プロ3戦目。WBC世界バンタム級ユース王座決定戦でウィルベルト・ベロンド(フィリピン)と対戦。6ラウンド・KO勝利でユース世界王座獲得に成功。

2017年10月13日、OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者大竹秀典に挑戦。しかし、0-3判定負けでプロ初黒星。王座獲得に失敗。

 

2021年2月11日、日本フェザー級王者・佐川遼に挑戦。7ラウンド・TKO勝利で、日本王座獲得に成功しました。

 

阿部麗也(日本1位&WBO・AP3位)

 

プロデビューは2013年6月。広川哲矢との56.5キロ契約4回戦で3-0の判定勝利。白星デビューを飾りましたが、プロ2戦目では判定負けでプロ初黒星を喫しています。

2014年東日本フェザー級新人王として、西軍代表・殿本恭平と対戦。5ラウンド・3-0の判定勝利で全日本新人王を獲得

2019年5月1日、日本フェザー級王者・源大輝に挑戦。しかし、1-1の判定で引き分け。王座獲得に失敗しました。

2019年9月13日、源大輝が返上した王座を懸け、日本フェザー級王座決定戦佐川遼と対戦。しかし、0-3の判定負けで王座獲得に失敗しました。

 

両選手のコメント

 

丸田陽七太(日本王者&WBO・AP1位)のコメント

 

(2冠戦になり)すごくうれしく思っています。

良い試合をして必ず勝ちます。

前半KOを狙います。

(丸田陽七太)

 

阿部麗也(日本1位&WBO・AP3位)のコメント

 

2冠戦になり、今まで以上に気合が入っています。

(丸田選手は)前半KOとほざいていましたが、こっちは前半の前半でKOしますよ。

(阿部麗也)

 

両選手の直近の試合

 

丸田陽七太(日本王者&WBO・AP1位)の直近の試合

 

2021年11月27日、日本フェザー級タイトルマッチで挑戦者・日野僚(当時日本7位)と対戦。2度のダウンを奪い判定勝利。初防衛に成功。

 

阿部麗也(日本1位&WBO・AP3位)の直近の試合

 

2021年11月27日、日本フェザー級最強挑戦者決定戦渡部大介(当時日本1位)と対戦。3ラウンド終了TKOで勝利。丸田への挑戦権を獲得。

 

まとめ

 

放送日時

5月15日()12:45~

ABEMA.TV格闘チャンネルにて生配信です。

 

 

締めの一言

 

けんくん
けんくん

<結果>3-0の判定で阿部麗也の勝利。見事、2冠王者に輝きました。

 

新2冠王者・阿部選手本人による解説

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました