村田諒太を振り返る。「村田対エンダム第1戦」

村田諒太

2022年4月9日、さいたまスーパーアリーナで開催される「WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦」ゲンナディ・ゴロフキン(IBF王者)VS 村田諒太(WBA王者)。

”BIG DRAMA IN JAPAN”と題される試合の前に両者の主な経歴を紹介したい。

第一回は「村田諒太VSアッサン・エンダム第1戦」

 

この日、世界ミドル級暫定王者を獲得した経験があるアッサン・エンダムが、初めての正規王者のタイトルを獲得しました。 このタイトルを獲得するためにエンダムは東京の有明コロシアムに地球の約半分の距離を移動してきました。

試合は村田諒太(2012年ロンドンオリンピック金メダリスト&WBA2位)が4R終盤にダウンを奪い、それ以降も優位に試合を進め12Rが終了しました。

竹原慎二さん以来、日本人史上2人目のミドル級世界王者誕生を誰もが確信していました。

しかし、結果は2-1でエンダムの勝利。

この判定は2017年で最大の疑惑の判定の一つとなり、日本国内だけでなく海外でも様々な反応が飛び交いました。

  • 2017年の年間最高疑惑判定!村田は桁違いの強さで勝利していた。
  • アメリカのジャッジが唯一の正直なジャッジである。
  • 接戦だが、再戦が必要。
  • 日本人は、不可解な理由で外国人に判定負けする唯一の人々だよ。
  • なぜ日本の将来性のある有望選手が勝利を奪われたのか、未だに混乱してるよ。オリンピック金メダリストで、次のミドル級挑戦者として育て上げられ、そして今、道から外れてしまった・・・。なぜだ?
  • 真の世界タイトルマッチではないが、村田は勝利を奪われた。
  • どんなに誇張しても、エンダムはこの試合に勝利してなかった。
  • 村田に約束されていた将来は、この疑惑判定により、完全に脱線した。
  • 結果は、覆されるべきだ。
  • エンダムは、オリンピックで簡単に負けて、プロに来て、番狂わせ。理解不能。
  • 村田に不利な味方をしても、村田は4~8ポイントは勝っていた。エンダムの勝利を予想していたけどね。
  • 全然疑惑ではないよアッサンは試合をコントロールしていた。村田は手数が少ない。エンダムは、必死にボクシングしていた。
  • 皆が言うようにひどい試合だったら、村田はすぐに再戦させて欲しいね。本当にエンダムを楽に倒せたら、その時、本物だと認めようじゃないか。
  • これまでで、最悪の疑惑勝利の一つ。本当にショック。
  • 村田は動きが少なかったのは確か。足取りは遅く、アウトサイドからは何もできない。一方でエンダムは常にパンチを出していた。しかし、村田のパンチの質は、エンダムより比較しても有効で、エンダムは多くのダメージを受けていた。エンダムは4回のダウンから十分に回復できず、いつもの元気のあるパフォーマンスをしたが、ラウンドは取れなかった。まれに判定に疑問を感じることがあるが、この試合は今までで最低の疑惑判定の一つ。
  • エンダムは明確に10ラウンドもしくは11ラウンドでポイントを失った。
  • ここ数年で最悪の判定の一つ。胸がむかむかする。村田はエンダムを倒し、強い右ストレートで複数回ダメージを与えるとともに、クリーンヒットを当てて、試合のテンポをコントロールした。エンダムもクリーンヒットを当てようと頑張ったが、6ラウンド以降は、逃げ回っていた。彼が取ったのは多くても2、3ラウンド。”年間最低疑惑試合”の有力な候補。
  • エンダムのパンチはあまり効果的ではなかったが、村田のガードの間にジャブを打っていたし、よく右をサイドから打っていた。村田のパンチについては、パワーの利点があったにも関わらず、エンダムほどの手数はなかった。もっと好戦的な挑戦者のような気持ちで向かって行ったらノックアウトできたのでは。エンダムが試合に勝ったとは思わない。
  • パンチの質は素晴らしいものだったが、日本人は、長い時間で攻撃力を限定させてしまうほど、ガードを上げていた。エンダムは、歩くサンドバッグのように村田を扱い、半分の時間を防御に当てさせてた。
  • エンダムは、良いパンチを当てていたが、ラウンドを取るほどではなかった。エンダムは、村田を全く上回っておらず、手数は多かったが、当たっていなかった。村田は明確な力強いパンチを当て、エンダムに効果的なダメージを与えた。村田がタイトルを取ったと感じたかは分からないけど、試合に勝ったときの振舞いじゃなかったかな。
  • エンダムの継続的なパンチが村田を殻に閉じ込めさせた。二人のプロの経験の差が、この結果に繋がった。
  • エンダムは、良く動き、回復力と意思の強さを示し、早いコンビネーションを効果的に使った。しかし、決定力、積極性、試合の印象について、ダウン、継続的なプレッシャー、クリーンヒット、強い打撃を考慮すれば、全て村田が優勢であった。
  • 12ラウンド見て、村田が2ポイント勝利。ジャッジの結果は理解できる。村田は単純に多くのラウンドで動きがなさ過ぎた。クリーンヒットは重要だが、手数とリングジェネラルシップも重要。
  • 116-111で村田の勝利。
    →この採点は分かる。多くのラウンドは接戦。一人で動いていた数ラウンドはエンダムに、効果的なパンチが当たったラウンドは村田に。ジャッジの採点も分かるが、この試合にエンダムが勝ったと言うのはかなり難しいよ。村田はもっと手数が必要だけど。パンチを出せば、エンダムはよろめいていた。
  • 皆が誇張してるんじゃないかと思い、試合を見てみた。この試合は完全に疑惑判定そのもの。116-111で村田。パンチがエンダムに当たり、ダウンであるべきスリップにも2ポイント差を付けた。アメリカのジャッジのみが正しく、ビデオのコメントで、フランス人も疑惑勝利と叫んでいた。エンダムのパンチのほとんどは村田のガードにブロックされ、村田の打撃はエンダムに深刻なダメージを与えた。エンダムが勝つのはあり得ず、疑惑判定そのもの。
  • 事実、村田は試合をコントロールし、非常に明確なクリーンヒットを的中させた。

ちなみに、

カメルーン生まれのエンダムの勝利としたのはグスタボ・パディージャ(パナマ)ヒューバート・アール(カナダ)。
村田の勝利としたのはラウル・カイズ・ジュニア(アメリカ)。
でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました