元世界王者・小國以載が3年ぶり復帰。相手は強豪・栗原慶太

国内ボクシング

元世界王者・小國以載が3年ぶり復帰。相手は強豪・栗原慶太

 

 

スーパーバンタム級10回戦

 

小國以載(元IBF世界スーパーバンタム級王者・角海老宝石)vs 栗原慶太(現OPBF東洋太平洋バンタム級王者・一力)

日程:5月20日(金)

会場:後楽園ホール

 

<チケット情報はこちら↓↓>

 

両選手のプロフィール

 

小國以載(元・IBF世界スーパーバンタム級王者)

 

プロデビューは2009年11月。3ラウンド・KOで白星デビュー。当時の所属ジムはVADYボクシングジム。

プロ転向後は、フィリピンの名門・ALAジムやメキシコの名トレーナー、ナチョ・ベリスタインのもとへ修業に出かけ、技術を学びました。

2011年11月3日、OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者・ロリ・ガスカに挑戦。時当時の小國のランキングはOPBF15位。試合前には「冒険マッチ」とささやかれていましたが、試合では小國が5ラウンドに2度のダウンを奪い、3-0の判定勝利東洋太平洋王座の獲得に成功しました

 

2013年3月10日、4度目の防衛戦で和氣慎吾(当時OPBF7位・古口)と対戦。2ラウンドにはダウンを奪われるなど序盤からペースを掴めず、10ラウンド終了後に棄権。TKOで敗れ、プロ初黒星。4度目の防衛に失敗し王座陥落試合後に引退を表明しました。

 

2013年5月、角海老宝石ボクシングジムに移籍し現役続行を発表しました。

2013年10月5日、ノンタイトル8回戦で岩﨑悠輝(日本4位&OPBF10位)と対戦。3-0の判定勝利で再起に成功しました。

 

2014年12月6日、日本スーパーバンタム級王座決定戦石本康隆(日本2位・帝拳)と対戦。3-0の判定勝利日本王座の獲得に成功しました。

 

2016年12月31日、IBF世界スーパーバンタム級王者のジョナサン・グスマン(ドミニカ共和国)に挑戦。

当時のグスマンの戦績は23戦22勝22KO1無効試合の準パーフェクトレコード。試合前は”8-2でグスマン有利”という下馬評でしたが、結果は、3-0の判定で小國の勝利

番狂わせを演じ、世界王座の獲得に成功しました。

 

2017年9月13日、IBF3位の岩佐亮佑と対戦。6ラウンド・TKO負けを喫し初防衛に失敗。試合後に現役引退を表明しました

2018年12月1日、後楽園ホールで2度目の現役復帰。アレガ・ユニアン(インドネシア)と対戦し、4ラウンド・TKO勝利で再起戦を勝利で飾りました。

 

栗原慶太(現・OPBF東洋太平洋バンタム級王者)

 

プロデビューは2011年4月。フライ級4回戦で清水義之と対戦。1ラウンド・TKO勝ちで白星デビュー。

2017年3月、エンゲルバード・モラルデ(OPBFバンタム級13位)とバンタム級8回戦で対戦し、1ラウンド・TKO勝利。

2018年12月24日、OPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦ストロング小林佑樹(OPBF6位)と対戦。3-0の判定勝利で東洋太平洋王座の獲得に成功しました。

2021年1月14日、2度目の防衛戦で井上拓真(前WBC世界バンタム級暫定王者)と対戦。大差の9ラウンド負傷判定負け王座防衛に失敗しました。

 

2021年10月19日、OPBF東洋太平洋バンタム級王者の中嶋一輝に挑戦。3ラウンド・TKO勝利で、東洋太平洋バンタム級王座に復帰しました。

 

両選手のコメント

 

小國以載(元・IBF世界スーパーバンタム級王者)のコメント

 

試合が決まり、大きなチャンスを頂き感謝してます。

(栗原慶太は)格上の選手。強い相手ですが必ず勝って復活したいです。

(僕と)同じ世代の選手達がまだまだ頑張っているので、自分ももう一回(上に)行ってやろうと思っています。

応援よろしくお願いします。

(小國以載)

 

栗原慶太(現・OPBF東洋太平洋バンタム級王者)のコメント

 

前戦(中嶋一輝戦)終わって”井上尚弥選手とやりたい”なんて言った自分が国内の選手にビビるなんて有り得ません。 本気でそこを目指してます。

強い選手とやりたいと思っていた中で最高の相手です。

元世界王者に必ず勝ちます。

(栗原慶太)本人Twitterより

 

両選手の直近の試合

 

小國以載(元・IBF世界スーパーバンタム級王者)の直近の試合

 

2019年5月8日、スックプラサード・ポンピタック(IBFバンタム級5位・タイ)と対戦。10ラウンド・3-0の判定勝利。以降、自身のケガもあり今回の栗原戦は3年ぶりの試合となります。

 

栗原慶太(現・OPBF東洋太平洋バンタム級王者)の直近の試合

 

2021年10月19日、OPBF東洋太平洋バンタム級王者の中嶋一輝に挑戦。3ラウンド・TKO勝利で、東洋太平洋バンタム級王座に復帰。今回の小國戦は1階級上げての試合です。

 

まとめ

どんな試合になるのか

 

 

放送日時

5月20日(金)18:00~

PPVで全試合完全生中継。

 

試合のダイジェスト映像

 

 

締めの一言

 

けんくん
けんくん

負傷引き分けという消化不良な結果になってしまいましたが、

内容の濃い試合だったと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました