OPBF&WBOアジアパシフィック・ウェルター級タイトルマッチ

国内ボクシング

2021年12月4日。東京・後楽園ホールで行われた「OPBF&WBOアジアパシフィック・ウェルター級タイトルマッチ」

王者・豊嶋亮太(帝拳)が挑戦者・坂井祥紀(横浜光、OPBF5位・WBO-AP4位)に
12回3-0の判定勝ちを収め、アジア2冠タイトルの防衛に成功しました。

 

「練習でやったことを(試合で)出すことができず、いつものフィジカル勝負になってしまった。今日の内容ではおこがましいが、アジアのトップは証明できたかなと。世界を目指していきたいです」(王者・豊嶋亮太)

 

けんくん
けんくん

敗れた坂井選手(横浜光)はタイトルマッチ2連敗となり進退も注目されましたが、現役続行を表明しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました