2022年・国内ボクシングの主な試合日程・結果

国内ボクシング

2022年・国内ボクシングの主な試合日程・結果

  1. January&February ~1・2月~
    1. 日本ミニマム級王座決定戦
    2. 日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
    3. 【日本バンタム級王座決定戦】
    4. 【日本ライト級王座決定戦】
    5. 【日本フライ級タイトルマッチ】
    6. OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王座決定戦
    7. 日本・WBOアジアパシフィック・スーパーライト級タイトルマッチ
  2. March ~3月~
    1. 日本ライトフライ級タイトルマッチ
    2. 日本ユース・スーパーバンタム級タイトルマッチ
    3. フライ級8回戦
    4. 56㎏契約8回戦
    5. 日本ミニマム級王座決定戦
  3. April ~4月~
    1. スーパーバンタム級8回戦
    2. 日本スーパーウエルター級王座決定戦
    3. OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチ
    4. フェザー級8回戦
    5. スーパーバンタム級10回戦
    6. ウェルター級8回戦
    7. フェザー級8回戦
    8. ヘビー級8回戦
    9. フライ級8回戦
  4. May ~5月~
    1. フライ級8回戦
    2. 日本ユース・ミニマム級タイトルマッチ
    3. 日本フェザー級タイトルマッチ&WBOアジアパシフィック・フェザー級王座決定戦
    4. OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦
    5. スーパーバンタム級10回戦
  5. June ~6月~
    1. スーパーウェルター級10回戦
    2. 日本・WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座統一戦
    3. 日本スーパーライト級タイトルマッチ
    4. 62.1㎏契約10回戦
    5. フェザー級8回戦
    6. バンタム級6回戦
    7. 日本ウェルター級暫定王座決定戦
    8. 日本ライト級タイトルマッチ
    9. OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
    10. 日本バンタム級タイトルマッチ
    11. スーパーバンタム級8回戦
    12. WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級タイトルマッチ
  6. July ~7月~
    1. 日本・東洋太平洋ライトフライ級王座統一戦&WBOアジアパシフィック・ライトフライ級王座決定戦
    2. WBOアジアパシフィック・ミニマム級タイトルマッチ
    3. 日本ミニマム級タイトルマッチ
    4. 64.5㎏契約 6回戦
    5. 日本ユース・スーパーフェザー級王座決定戦
    6. 日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
    7. フェザー級8回戦
    8. バンタム級8回戦
    9. スーパーフェザー級8回戦
    10. フェザー級10回戦
  7. August ~8月~
    1. OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックウェルター級タイトルマッチ
    2. 日本スーパーフライ級タイトルマッチ
    3. 日本ヘビー級王座決定戦
    4. OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ
    5. フライ級8回戦
    6. OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
    7. WBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王座決定戦
  8. September ~9月~
    1. 55.8kg契約 10回戦
    2. フェザー級 10回戦
    3. ミドル級 10回戦
    4. 50㎏契約 10回戦
    5. WBOアジアパシフィック・スーパーライト級タイトルマッチ
    6. フェザー級8回戦
    7. 53.0㎏契約 8回戦
    8. 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
    9. OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
  9. October ~10月~
    1. 日本スーパーフェザー級最強挑戦者決定戦
    2. 日本バンタム級タイトルマッチ
    3. 日本ウェルター級最強挑戦者決定戦
    4. フェザー級10回戦
    5. OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
  10. November ~11月~
    1. WBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチ
    2. WBOアジアパシフィック・スーパーウェルター級王座決定戦
    3. 日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
    4. 日本ライト級タイトルマッチ
    5. 日本ミニマム級王座決定戦

January&February ~1・2月~

 

日本ミニマム級王座決定戦

石澤開(MT)vs 森且貴(大橋)

(1月11日:後楽園ホール)

<結果>8ラウンド・TKOで石澤開が勝利し新王者に。

※石澤は世界挑戦のため防衛戦はせずに王座返上。

 

日本スーパーバンタム級タイトルマッチ

古橋岳也(王者・川崎新田)vs 久我勇作(挑戦者・ワタナベ)

(1月25日:後楽園ホール)

<結果>古橋岳也がドロー防衛。スコアは(1者が96-94で久我、2者は95-95)

 

 

【日本バンタム級王座決定戦】

澤田京介(JBスポーツ)vs 大嶋剣心(帝拳)

(2月5日:後楽園ホール)

<結果>2-1の5ラウンド負傷判定で澤田京介が勝利し新王者に。

 

 

【日本ライト級王座決定戦】

鈴木雅弘(角海老宝石)vs 宇津木秀(ワタナベ)

(2月8日:後楽園ホール)

<結果>9ラウンド・TKOで宇津木秀が勝利し新王者に。

 

 

【日本フライ級タイトルマッチ】

ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)vs 粉川拓也(角海老宝石)

(2月27日:サントピア岡山総社)

<結果>3-0の判定でユーリ阿久井政悟の勝利。スコアは3者ともフルマーク。3度目の防衛に成功。

 

OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王座決定戦

古谷昭男(六島)vs 橋詰将義(角海老宝石)

(2月28日:後楽園ホール)

<結果>3-0で橋詰将義が判定勝利しアジア2冠王者に。

 

日本・WBOアジアパシフィック・スーパーライト級タイトルマッチ

平岡アンディ(大橋)vs アオキ・クリスチャーノ(角海老宝石)

(2月28日:後楽園ホール)

<結果>10ラウンド・TKOで平岡アンディの勝利。初防衛に成功。

 

March ~3月~

 

日本ライトフライ級タイトルマッチ

岩田翔吉(帝拳)vs 大内淳雅(姫路木下)

(3月5日:後楽園ホール)

<結果>1ラウンド・KOで岩田翔吉の勝利。初防衛に成功。

 

日本ユース・スーパーバンタム級タイトルマッチ

石川春樹(RK蒲田)vs 津川龍也(ミツキ)

(3月8日:後楽園ホール)

<結果>7ラウンド・TKOで津川龍也の勝利。王座奪取に成功。

 

フライ級8回戦

桑原拓(大橋)vs 久野喬(スターロード)

(3月8日:後楽園ホール)

<結果>1ラウンド・TKOで桑原拓の勝利。

 

56㎏契約8回戦

中嶋一輝(大橋)vs 川島翔平(真正)

(3月8日:後楽園ホール)

<結果>1ラウンド・TKOで中嶋一輝の勝利。

 

日本ミニマム級王座決定戦

仲島辰郎(平仲BS)vs 重岡銀次朗(ワタナベ)

(3月27日:豊見城市民体育館)

<結果>3-0の判定で重岡銀次朗が勝利し新王者に。

 

 

April ~4月~

 

スーパーバンタム級8回戦

赤穂亮(横浜光)vs 中川麦茶(一力)

(4月2日:後楽園ホール)

<結果>3-0の判定で赤穂亮が勝利。

 

 

日本スーパーウエルター級王座決定戦

川崎真琴(RK蒲田)vs 越川孝紀(一力)

(4月2日:後楽園ホール)

<結果>3-0の判定で川崎真琴が勝利。37歳で初戴冠。

 

OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチ

吉野修一郎(三迫)vs 伊藤雅雪(横浜光)

(4月9日:さいたまスーパーアリーナ)

<結果>11ラウンド3-0の負傷判定で吉野修一郎の勝利。国内ライト級サバイバルマッチを制しました。

 

 

フェザー級8回戦

佐川遼(三迫)vs 久保隼(真正)

(4月12日:後楽園ホール)

<結果>3ラウンド・KOで佐川遼の勝利。

 

 

スーパーバンタム級10回戦

武居由樹(大橋)vs 河村真吾(堺春木)

(4月22日:後楽園ホール)

<結果>2ラウンド・TKOで武居由樹の勝利。デビューから4戦連続のKO勝利。

 

ウェルター級8回戦

佐々木尽(八王子中屋)vs マーカス・スミス(平仲BS)

(4月22日:後楽園ホール)

<結果>5ラウンド・TKOで佐々木尽の勝利。復帰戦を白星で飾りました。

 

フェザー級8回戦

松本圭佑(大橋)vs 伊集盛尚(琉豊)

(4月22日:後楽園ホール)

伊集盛尚が体調不良により棄権。松本圭佑石井渡士也と2ラウンドの公開スパーリングを行いました。

 

ヘビー級8回戦

但馬ブランドンミツロ(3150FC)vs キム・サンホ(韓国)

(4月29日:メルパルクホール大阪)

<結果>1ラウンド・TKOで但馬ブランドンミツロの勝利。

 

フライ級8回戦

宮崎亮(3150FC)vs 栄拓海(折尾)

(4月29日:メルパルクホール大阪)

<結果>3-0の判定で宮崎亮の勝利。

 

May ~5月~

 

フライ級8回戦

木村翔(花形)vs 堀川龍(三迫)

(5月9日:後楽園ホール)

<結果>0-1(2者はドロー、1者は堀川を支持)の判定引き分け。

 

日本ユース・ミニマム級タイトルマッチ

伊佐春輔(王者・川崎新田)vs 森且貴(大橋)

(5月10日:後楽園ホール)

<結果>2-1の判定で森且貴の判定勝利。再起に成功したとともに日本ユース王座の獲得に成功

 

日本フェザー級タイトルマッチ&WBOアジアパシフィック・フェザー級王座決定戦

丸田陽七太(日本王者&WBOAP1位・森岡)vs 阿部麗也(WBOAP3位・KG大和)

(5月15日:墨田区総合体育館)

<結果>3-0の判定で阿部麗也の勝利。見事、2冠王者に輝きました。

 

 

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦

渡邉卓也(OPBF2位・DANGAN AOKI)vs 力石政法(OPBF5位・緑)

(5月15日:墨田区総合体育館)

<結果>3-0の判定(3者ともフルマーク)で力石政法の勝利。OPBF王座の獲得に成功しました。

 

 

スーパーバンタム級10回戦

小國以載(角海老宝石)vs 栗原慶太(一力)

(5月20日:後楽園ホール)

<結果>4ラウンド途中、偶然のバッティングにより小國選手が負傷。ドクターストップがかかり、引き分けになりました。

 

 

June ~6月~

 

スーパーウェルター級10回戦

井上岳志(ワールドスポーツ)vs ワチュク・ナァツ(マーベラス)

6月4日(土):後楽園ホール

 

日本・WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座統一戦

井上拓真(WBOアジアパシフィック王者・大橋)vs 古橋岳也(日本王者・川崎新田)

6月7日(火):さいたまスーパーアリーナ

<結果>3-0の判定で井上拓真の勝利。アジア2冠王座の統一に成功しました。ちなみにジャッジ2者はフルマークでした。

 

 

日本スーパーライト級タイトルマッチ

平岡アンディ(王者・大橋)vs 赤岩俊(挑戦者・マナベ)

6月7日(火):さいたまスーパーアリーナ

<結果>6ラウンド・TKOで平岡アンディの勝利。

 

 

62.1㎏契約10回戦

中谷正義(帝拳)vs ハルモニト・デラ・トーレ(フィリピン)

6月13日(月):後楽園ホール

<結果>1ラウンド・KOで中谷正義の勝利。ロマチェンコに敗れて以来、約1年の再起戦を白星で飾りました。

 

フェザー級8回戦

中野幹士(帝拳)vs ファニト・パレデス(フィリピン)

6月13日(月):後楽園ホール

<結果>3ラウンド・KOで中野幹士の勝利。デビュー6連勝です。

 

バンタム級6回戦

村田昴(帝拳)vs ジョン・マーク・ティフ(フィリピン)

6月13日(月):後楽園ホール

<結果>4ラウンド終了・TKOで村田昴の勝利。国内デビュー戦を白星で飾りました。

 

 

日本ウェルター級暫定王座決定戦

永野祐樹(帝拳)vs 小畑武尊(ダッシュ東保)

6月13日(月):後楽園ホール

<結果>5ラウンド・TKOで小畑武尊の勝利。暫定王座の獲得に成功しました。

 

日本ライト級タイトルマッチ

宇津木秀(王者・ワタナベ)vs 富岡樹(挑戦者・角海老宝石)

6月14日(火):後楽園ホール

<結果>8ラウンド・TKOで宇津木秀の勝利。初防衛に成功しました。

 

 

OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ

麻生興一(王者・三迫)vs 近藤明広(挑戦者・一力)

6月14日(火):後楽園ホール

<結果>2ラウンド・TKOで近藤明広の勝利。37歳で新王者に輝きました。

 

日本バンタム級タイトルマッチ

澤田京介(王者・JBスポーツ)vs 堤聖也(挑戦者・角海老宝石)

6月23日(木):後楽園ホール

<結果>8ラウンド・TKOで堤聖也の勝利。新王者に輝きました。

 

スーパーバンタム級8回戦

水谷直人(KG大和)vs 和氣慎吾(FLARE山上)

6月23日(木):後楽園ホール

<結果>7ラウンド・TKOで和氣慎吾の勝利。再起に成功しました。

 

WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級タイトルマッチ

橋詰将義(王者・角海老宝石)vs 田中恒成(挑戦者・畑中)

6月29日(水):後楽園ホール

<結果>5ラウンド・TKOで田中恒成の勝利。新王者に輝きました。

 

 

 

July ~7月~

日本・東洋太平洋ライトフライ級王座統一戦&WBOアジアパシフィック・ライトフライ級王座決定戦

岩田翔吉(日本王者・帝拳)vs 堀川謙一(東洋太平洋王者・三迫)

7月2日(土):後楽園ホール

<結果>3-0の判定で岩田翔吉の勝利。アジア3冠王者に輝きました。

 

 

WBOアジアパシフィック・ミニマム級タイトルマッチ

重岡優大(王者・ワタナベ)vs クリス・ガノーサ(挑戦者・フィリピン)

7月6日(水):熊本県立総合体育館

<結果>3ラウンド・TKOで重岡優大の勝利。初防衛に成功しました。

 

日本ミニマム級タイトルマッチ

重岡銀次朗(王者・ワタナベ)vs 春口直也(日本1位・橋口)

7月6日(水):熊本県立総合体育館

<結果>4ラウンド・TKOで重岡銀次朗の勝利。初防衛に成功しました。

 

 

64.5㎏契約 6回戦

佐々木尽(八王子中屋)vs 関根幸太郎(ワタナベ)

7月9日(土):八王子エスフォルタ・アリーナ

<結果>1-0の判定で引き分け※この1者は佐々木尽を支持。

 

日本ユース・スーパーフェザー級王座決定戦

谷口彪賀(八王子中屋)vs 福田星河(エディタウンゼント)

7月9日(土):八王子エスフォルタ・アリーナ

<結果>3-0の判定で谷口彪賀の勝利。2者はフルマークという完勝でユース王座の獲得に成功しました。

 

 

日本スーパーウェルター級タイトルマッチ

川崎真琴(王者・RK蒲田)vs 丸木凌介(日本1位)

7月12日(火):後楽園ホール

<結果>ジャッジ3者ともに95-95の判定引き分け王者の川崎選手が初防衛に成功。

 

フェザー級8回戦

堤駿斗(志成)vs ジョン・ジェミノ(東洋太平洋5位・フィリピン)

7月13日(水):大田区総合体育館

<結果>3-0の判定で堤駿斗の勝利。白星デビューを飾りました。

 

バンタム級8回戦

比嘉大吾(志成)vs フローイラン・サルダール(東洋太平洋10位・フィリピン)

7月13日(水):大田区総合体育館

<結果>2-1の判定で比嘉大吾の勝利。しかし、4ラウンドにはダウンを喫しました。

 

 

スーパーフェザー級8回戦

森武蔵(志成)vs プレスコ・カルコシア(WBOAPフェザー級14位・フィリピン)

7月13日(水):大田区総合体育館

<結果>3-0の判定で森武蔵の勝利。また、8ラウンドにはダウンを奪っています。

 

 

フェザー級10回戦

亀田和毅(TRYBOX平成西山)vs ウィリアム・エンカーナシオン(ドミニカ)

7月30日(土):神戸市立中央体育館

<結果>4ラウンド・KOで亀田和毅の勝利。

 

 

August ~8月~

OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックウェルター級タイトルマッチ

豊嶋亮太(王者・帝拳)vs アダム・ディウ・アブドゥラミド(フィリピン)

8月6日(土):後楽園ホール

<結果>5ラウンド・TKOで豊嶋亮太の勝利。アジア2冠王座の防衛に成功しました。

 

日本スーパーフライ級タイトルマッチ

中川健太(王者・三迫)vs 梶颯(日本1位・帝拳)

8月9日(火):後楽園ホール

<結果>3-0の判定で中川健太の勝利。初防衛に成功しました。

 

日本ヘビー級王座決定戦

但馬ブランドン・ミツロ(日本1位・KWORLD3)vs イ・ソンミン(韓国王者)

8月14日(日):エディオンアリーナ大阪第一競技場

<結果>1ラウンド・TKOで但馬ブランドン・ミツロの勝利。

 

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ

力石政法(王者・緑)vs トムジュン・マングバッド(OPBF13位・フィリピン)

8月14日(日):エディオンアリーナ大阪第一競技場

<結果>4ラウンド・TKOで力石政法の勝利。初防衛に成功しました。

 

フライ級8回戦

宮崎亮(KWORLD3)vs アサエル・ビリャル(パナマ)

8月14日(日):エディオンアリーナ大阪第一競技場

<結果>1ラウンド・TKOでアサエル・ビリャルの勝利。

 

OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ

ペテ・アポリナル(王者・フィリピン)vs 武居由樹(挑戦者・大橋)

8月26日(金):後楽園ホール

<結果>5ラウンド・TKOで武居由樹の勝利。東洋太平洋タイトルの獲得に成功しました。

 

 

WBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王座決定戦

木村吉光(WBOAP1位・志成)vs 中川兼玄(WBOAP4位・角海老宝石)

8月30日(火):後楽園ホール

<結果>12ラウンド・TKOで木村吉光の勝利。WBOアジアパシフィック王座を獲得しました。

 

September ~9月~

55.8kg契約 10回戦

赤穂亮(横浜光)vs エドリン・ダプドン(フィリピン)

9月3日(土):後楽園ホール

<結果>1ラウンド・KOで赤穂亮の勝利。

 

フェザー級 10回戦

入口裕貴(横浜光)vs 大保龍球(神奈川渥美)

9月3日(土):後楽園ホール

<結果>3-0の判定で大保龍球の勝利。

 

ミドル級 10回戦

竹迫司登(ワールドスポーツ)vs 二ワット・コンカン(タイ)

9月3日(土):後楽園ホール

<結果>3ラウンド・TKOで竹迫司登の勝利。

 

50㎏契約 10回戦

矢吹正道(緑)vs タノンサック・シムシー(タイ)

9月10日(土):四日市市総合体育館

<結果>7ラウンド・TKOで矢吹正道の勝利。再起に成功しました。

 

 

WBOアジアパシフィック・スーパーライト級タイトルマッチ

平岡アンディ(王者・大橋)vs アルビン・ラガンベイ(挑戦者・フィリピン)

9月13日(火):後楽園ホール

<結果>2ラウンド・KOで平岡アンディの勝利。3度目の防衛に成功しました。

 

フェザー級8回戦

松本圭佑(大橋)vs 石田凌太(角海老宝石)

9月13日(火):後楽園ホール

<結果>2ラウンド・TKOで松本圭佑の勝利。

 

53.0㎏契約 8回戦

中垣龍汰朗(大橋)vs 吉田京太郎(ワタナベ)

9月13日(火):後楽園ホール

<結果>2-0の判定で中垣龍汰朗の勝利。

 

日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

坂晃典(王者・仲里)vs 奈良井翼(挑戦者・RK蒲田)

9月17日(土):メルパルクホール大阪

<結果>6ラウンド・TKOで坂晃典の勝利。2度目の防衛に成功しました。

 

OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ

栗原慶太(王者・一力)vs 千葉開(挑戦者・横浜光)

9月22日(木):後楽園ホール

<結果>12ラウンド・TKOで千葉開の勝利。新王者に輝きました。

 

 

October ~10月~

日本スーパーフェザー級最強挑戦者決定戦

波田大和(日本1位・帝拳)vs 原優奈(日本2位・真正)

10月1日(土):後楽園ホール

 

日本バンタム級タイトルマッチ

堤聖也(王者・角海老宝石)vs 大嶋剣心(挑戦者・帝拳)

10月20日(木):後楽園ホール

 

日本ウェルター級最強挑戦者決定戦

重田裕紀(日本1位・ワタナベ)vs 坂井祥紀(日本2位・横浜光)

10月22日(土):後楽園ホール

 

フェザー級10回戦

岩佐亮佑(セレス)vs ゼネシス・カシミ・セルバニア(フィリピン・カシミ)

10月25日(火):後楽園ホール

 

OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ

ジーメル・マグラモ(王者・フィリピン)vs 桑原拓(挑戦者・大橋)

10月25日(火):後楽園ホール

 

November ~11月~

WBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチ

吉野修一郎(王者・三迫)vs 中谷正義(挑戦者・帝拳)

11月1日(火):さいたまスーパーアリーナ

 

WBOアジアパシフィック・スーパーウェルター級王座決定戦

井上岳志(ワールドスポーツ)vs 丸木凌介(天熊丸木)

11月5日(土):後楽園ホール

 

日本スーパーウェルター級タイトルマッチ

川崎真琴(王者・RK蒲田)vs 出田裕一(日本6位・三迫)

11月8日(火):後楽園ホール

 

日本ライト級タイトルマッチ

宇津木秀(王者・ワタナベ)vs ジロリアン陸(日本5位・フラッシュ赤羽)

11月17日(木):後楽園ホール

 

日本ミニマム級王座決定戦

重岡優大(ワタナベ)vs 仲島辰郎(日本1位・平仲)

11月17日(木):後楽園ホール

 

 

 

けんくん
けんくん

国内の試合も良いカードばかりで見逃し厳禁ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました