カシメロ王座保持。井上尚弥「こんな事があっていいのか」

井上尚弥

WBOは12月23日、病気で12月11日にドバイで行われる予定だった防衛戦をキャンセルしたバンタム級王者ジョンリエル・カシメロについて、王座剥奪はせずタイトル保持を認める決定を下しました。

カシメロは試合2日前の9日に体調不良を訴えて入院。前日計量を欠席していました。

この事態を受けて、WBOは挑戦者ポール・バトラー(英)とジョセフ・アグベコ(ガーナ)による暫定王座決定戦を急遽承認していました。

しかし、バトラー陣営がこれを拒否。カシメロの王座保持が認められるのかどうかが問題となっていました。

WBOはカシメロ陣営が提出した診断書などを検討。その結果、カシメロはウイルス性胃炎を患ったことに間違いないと判断して王座の保持を決定しました。

試合の興行権を持つプロベラムに対し、カシメロvsバトラーの新たなスケジュールを組むかどうかの判断に15日間の猶予を与えた。

また、下記2点も併せて発表しています。

・カシメロはバトラー戦の前に選択試合を行うことは認められない。
・新たにスケジュールが組まれた場合、いかなる理由であっても計量に欠席したら、カシメロなら王座剥奪。バトラーなら挑戦権を喪失する。

WBOのこの決定とカシメロに対し、井上尚弥選手はTwitterを更新。下記のようにコメントしています。

こんな事があっていいのか??? 何が理由であれ決められた計量当日に秤に乗れなければアウトだと思うのだが。。 一気にコイツへの興味がなくなった。 減量苦で胃腸炎て…ダセェ奴だ。(原文まま。井上尚弥選手のTwitterより)
けんくん
けんくん

はぁ~。

【あわせて読みたい→】WBO王者・カシメロに何があった??

コメント

タイトルとURLをコピーしました