4/22【ボクシング・WBO世界ミニマム級】谷口将隆VS石澤開

国内ボクシング

4/22【ボクシング・WBO世界ミニマム級】谷口将隆VS石澤開

 

【WBO世界ミニマム級タイトルマッチ】

 

日時・対戦カード

 

2022年4月22日・後楽園ホール

谷口将隆(王者)の初防衛戦の相手は、

石澤開(WBO5位・前日本ミニマム級王者)

 

挑戦者・石澤開が前日計量を失敗

 

4月21日に行われた前日計量。

初防衛を狙う王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロで一発クリア

しかし、

挑戦者・石澤開は2.5㎏オーバーの50.1キロで体重超過。再計量も2.3㎏オーバーの49.9キロでクリアできませんでした。

 

WBA・WBC・IBFのルールでは、王者が体重超過した挑戦者に敗れても王座陥落にはなりません。

しかし、今回のWBOでは”タイトルマッチにする”or”ノンタイトルマッチにする”or”試合中止”を両陣営らで話し合って決定します。

再計量の結果、今回は条件を設けてタイトルマッチとして試合を開催。

 

試合開催の条件は、

22日17時半の当日計量で石澤がミニマム級リミットから3キロ以内(50.6キロ)に体重を収めること。

これを石澤がクリアできなければ試合中止になります。

 

試合が行われた場合、

谷口勝利”or”引き分け”の場合は谷口の王座防衛。

石澤勝利”の場合、王座は空位となります。

 

約2年半ぶりのリマッチ

 

両選手は2019年9月に対戦しており、このときは谷口選手が勝利しています(8ラウンド判定)。世界タイトルマッチという大舞台で約2年半ぶりのリマッチです。

 

鬼門と言われる初防衛戦に臨む王者・谷口

 

挑戦者のときの方が緊張します。僕の性格的には防衛する方が合っていると思います。

石澤選手の強さは僕が一番よく分かってます。

2年半前の対戦では僕が勝たせてもらいましたが、油断も慢心もなく、ものすごく警戒して戦います。

防衛することの辛さは京口に聞いています。しっかりと警戒して、しっかりと準備して、当日は絶対に勝ちます。

(王者・谷口将隆)

 

 

雪辱を期す挑戦者・石澤開

 

(前回の対戦では敗戦)

あのときの僕は前に行くだけで駆け引きもできず、技術も足りなかった。パワーだけではダメだということを学びました。

(今回は)勝つのはもちろん、どのように倒すかというところです。

(挑戦者・石澤開)

 

石澤選手がボクシングを始めたのは中学2年生のとき。日本体育大学在学中にプロデビュー。

最大の武器は最軽量級離れした”パンチ力”

 

順調に勝ち星をのばすと、

今年1月に谷口選手が世界挑戦のために返上し空位となっていた日本王座をかけて日本ミニマム級王座決定戦に出場。森且貴選手(大橋ジム)との激闘を8ラウンドKO勝ちで制し、日本王者に輝きました。

 

谷口選手は石澤選手のプロ戦績に唯一の黒星をつけた相手。

 

理想のリベンジの場が整った。(挑戦者・石澤開)

 

と語っています。

まとめ

 

 

この興行は「PXB PHOENIX BATTLE 87」として大橋ジムが主催。映像配信サービス「ひかりTV」で生配信されます。

 

 

けんくん
けんくん

どちらが勝つか本当にわからないですよね。

とても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました